空中カメラの映画好き 寒川響が、
旬の映画や旬じゃない映画について熱く語るコラムです。
毎月20日更新!
1998年。僕は香川の田舎町で、『スター・ウォーズ』旧三部作のVHSをすり切れる程観ていました。
6歳児にとって憧れの世界、本物の宇宙と冒険がそこにはあったのです。

そんな『スター・ウォーズ』シリーズの最新作、フタを開けてみたら賛否両論でしたね!
なぜ本作だけがシリーズの中で特別なのか、個人的に分析しました。公開1ヶ月経ってるから、ある程度ネタバレしてるのは勘弁して!

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

2017年(アメリカ)
監督:ライアン・ジョンソン
主演:デイジー・リドリー

「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。

あらすじ引用:映画.com

ライアン・ジョンソン監督は、『最後のジェダイ』を懐古的な映画にすることを選びませんでした。歴史が長く、伝統的なシリーズであるがゆえに”スター・ウォーズらしい演出”というものが存在するのですが、今作ではその辺をあえて重視しなかったように思われます。
例えば、レイがフォースの修行をするシーン。セリフに合わせて素早くカットが切り替わる演出は、”スター・ウォーズ的な演出”ではありません。草木が芽吹く様子が早回しで挟まりましたが、今までスター・ウォーズでこの技法が使われた事はありませんでした。
特攻シーンで完全な無音になる演出も、落ちていく爆弾のスイッチをスローモーションで描く演出も、レイの心の声をナレーションとして挿入する演出も、枚挙に暇がありませんがすべて違います。これまでのシリーズが選択し得なかった、現代的な新しいセンスです。
これらはしかし、『スター・ウォーズ』を求めて観に来たファン達にとって、強い違和感だったと思います。今作のいくつかのカットで採用された、スローモーションや早回し、またはナレーションという技法は、効果的ではありますが「映画である」ことを観客に気づかせてしまう諸刃の剣です。だからこれまで使われたのは一度だけ、『帝国の逆襲』でのルークが見た幻影シーンのみです。たぶん。忘れてるだけかもしれないけど。
さらにストーリー面も異質です。敵味方どちらも、失敗し続けるのです。
『スター・ウォーズ』はウォーズって言ってるくらいだから戦争の話なんですが、基本的にネアカです。戦争なので双方に作戦があり、各エピソードでどっちかの作戦が”成功”してヤッターとかクッソーとか言う訳です。
しかし、『最後のジェダイ』は”失敗”が主なテーマになってます。良い奴も悪い奴も、伝説のジェダイさえも、失敗し、敗北するのです。
“失敗”はこの映画全体にまとわりつく、不穏な空気の正体です。いつもの『スター・ウォーズ』ならば爽快に解決してくれるアレコレが複雑に積み重なって、キャラクターたちを追いつめていく様が丁寧に描き出され、受け入れがたい要因の一つになっていると思われます。
価値観が多様化し、イージーに様々な作品に触れられる現代で、人の心を動かすのは難しい事です。かつてと同じ価値観で『スター・ウォーズ』を作っても、現代で作る意義のある作品になり得なかったと思います。
重ねた失敗を糧にできるか否かで、本作においての真の勝利が浮き彫りになる訳ですが、やはり今までのシリーズとは別の答えが提示されます。
作中でローズが言ったように「生き残る事が勝利」なのです。失敗を学び、戦争から背を向けてでも生き残るのが、勝ち。
生きる、というのは戦争を越えた本質的な勝利に他なりません。また、戦争そのものの拒絶でもあります。かつての僕のようにこの映画を繰り返し観るであろう子供たちが、受け取るメッセージのひとつになるでしょう。
本作が取り入れた現代的、映画的なエッセンスを僕はとてもポジティブに捉えています。次の世代の『スター・ウォーズ』が観れたと感じていますし、『フォースの覚醒』のみならず、あらゆる過去作の続編として面白かったと思います。
なにより、一本の独立した美しい映画でした。次作の公開を楽しみに、明日も生きていきます。
あと余談なんですが、どう見てもキンタマから青い母乳を出す生き物が登場します。観てない方は必見です。

▼【ライブ情報!】

【もうすぐ!】

Smooth Ace  presents マンスリーライヴシリーズ

「OPEN THE DOORS」2018 Jan.~ Jun  @代官山 晴れたら空に豆まいて

1月29日(月)
open 18:30 / start 19:00
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて 
出演:空中カメラ/Smooth Ace(w/ツヤトモヒコ[vo]、レモン[vo]、江草啓太[pf])

料金:予約3,500円/当日4,000円 (全席自由、1ドリンク別)
ご予約受付:予約受付中
予約方法:メール予約(整理番号順入場)
受付メールフォーム http://mameromantic.com/?cat=20

お問い合わせ:晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880

sangawa-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+
空中カメラの映画好き 寒川響が、
旬の映画や旬じゃない映画について熱く語るコラムです。
毎月20日更新!

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

2014年(アメリカ)
監督:ジェマイン・クレメント、タイカ・ワイティティ
主演:マイケル・シャノン

現代の社会で一緒に暮らしているヴァンパイアたちの日常をモキュメンタリータッチでつづるホラーコメディー。それぞれに個性豊かなヴァンパイアたちが織り成す愉快な暮らしぶりや、共同生活の行方を描く。

あらすじ引用:シネマトゥデイ

ヴァンパイアあるあるをイジり続ける、モキュメンタリー・コメディ。タイトルの通り、4人のヴァンパイアが屋敷で同居しています。
日光を浴びたら死ぬから昼夜逆転は当たり前。意味なく空中浮遊もするし、ケンカするときはお互いコウモリに変身。そんな彼らの共同生活に取材カメラがお邪魔しました、という体で描かれます。
先に書いたように「ヴァンパイアあるある」が高精度かつ、ぬるま湯のような温度で繰り出され続ける訳ですが、そもそもヴァンパイアなんてものは実在しないので、映画そのものが「無い存在のあるあるを言い続けている」という巨大なギャグに内包されています。僕は「無いこと」の笑いに非常に弱い(例えば「日本一アメリカンな県「アメリカ県」の名産品を教えて下さい」というお題があったらそれだけで笑ってしまう、そんな県は無いから)ので、恐らくこの映画に対しても笑いの沸点が若干甘いんですが、同じような趣味の人には特にオススメです。
ヴァンパイアが平然と生活する世界観は異常そのものなのに、ツッコミが誰もいない、いわば観客しかツッコミ役がいない構図は、松本人志のコント映像集『ビジュアルバム』に通ずるものがあります。名作と呼ばれる映像集ではあるものの、大爆笑できる箇所は意外と少なく、むしろ意図的にそういった大きい笑いが起きる要素から外しているように感じます。ただ一言「お前これなんやねん!」とツッコミを入れればドカンと来そうなのに、誰もそれはやらない。異常な人が出てきても、異常さにうっすら怯えたり、普通に舌打ちしたりするだけです。
『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』もほぼ同じ構図がありまして、ヴァンパイア屋敷のメンバーに、中盤から普通の人間が一人混じるんですよ。stu
右手前が普通の人間・ステュー。他の二人はヴァンパイア。

ステューは単に展開に巻き込まれてここにいる訳ですが、コメディ映画的には何百歳も生きてて感覚がズレまくってる吸血鬼たちに「なに言ってんの君ら」とツッコミを入れて欲しいところを、こいつはなーーーんにもしません。普通に居るだけ。吸血鬼達に対しても(たぶん)普段通りのコミュニケーションプロセスを踏襲するせいか、なぜか気に入られていきます。状況に怯えてるのか、楽しんでるのかも絶妙にわからない。普通すぎて。
この辺はもう好みだと思いますが、僕はめちゃめちゃ笑いました。普通の人間である事が一番のボケになってしまう環境づくり、スゴいなと思います。「お笑い臭さ」をあえて排斥することで、ピュアな「変な世界観」だけを残す、ドリップコーヒーみたいな映画ですね。
はい。長々と書いておいてアレですが、ご鑑賞の際は、上記ぜんぶ忘れてくれて大丈夫です。
僕、この映画をある人から勧められたとき「この映画、頭カラっぽにして楽しめるから☆」みたいな事を言われたんですが、結果的にお笑いオタクみたいな事ばっかり考えてしまいました。もっと・・・もっと素直に生きたい・・・。
次回は『スターウォーズ:最後のジェダイ』ついて書けたら書こうと思います。賛否まっぷたつの映画ですが、僕は大肯定派です。まともに書くと多分10000字越えるんで、要素絞って頑張ります。また来月。

sangawa-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+

牧野君からお前もブログを書いてくれと言われ明日の朝までに書くと言いながら1ヶ月も経っちゃった。
1ヶ月前に書いたものなので日付がこれになってますの。
その日あった事や、感想や、好きなことを気ままに書いていこうと思います。

 

9月23日(土)

ミックスナッツハウスとの2マンライヴ「対決バーサスvol.1」でした。
ご来場して頂いた皆様ありがとうございました。
楽しんでもらえたのかしら。今できることを精一杯汗だくでやりましたよ。
ミックスナッツハウスのアーノルドの合唱のとき、歌詞を間違えて歌ってる人(僕)を訂正するプリンス王子のあのお姿が優しく魅力的でした。
次回は一緒に演奏もしたいですね。楽しい夜でした。

 

9月24日(日)

上野へ。
上野公園に入ると遠くのほうにきれいな感じの人が地べたに足を伸ばして座っていて、何をしているのかしらんと近づいていみたら女装をしたおじいさんでした。
Sundayカミデさんのワンマンステージ「ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~」を観ました。
2時間たっぷり聴かせ笑わせのステージ。ナイツ漫才ファンの僕は塙さんを生で見れたのも嬉しかった。
弾き語りってその演奏してる人が出るから僕はとっても好き。
UJさんのサックスとの演奏も聞き入ってしまいました。かっこよかった。
終演後、空中のワンマンのビラ配りをしているとワイキキのイベントによく来て下さっている方もいたり、この前のクラブキューでの演奏をみたよと声をかけてくれる方もいたり、僕は空中カメラに入ってから色々な人に出会わせてもらってるんだなぁとしみじみ。

 

9月25日(月)

学生時代の友人と久しぶりに会う。
空中ラジオを何回目かまで聞いたがお前の発言が鼻について聞かなくなったと言われた。ねちっこく。
良くも悪くも性格が似ていると思った。

 

9月26日(火)

空中ラジオの日。ラジオ番長の牧野不在だったが途中で来る。牧野のが来ると話がとっちらかると田中に言われていた。
寒川がVRゴーグルを持ってきていて、僕はyoutubeで色っぽい動画を鑑賞。
想像以上に良い。

 

9月27日(水)

高崎音楽祭「野宮真貴、渋谷系を歌う。-featuring with Smooth Ace-」を観に高崎へ。
野宮真貴さんとSmooth Aceが歌う「これから逢いに行くよ。」は見事なはまりっぷり。
中学生の時、初めてこの曲を聴いたときは全然Smooth Aceっぽくないなぁと思ってたんですよ。でも時間が経って僕にも好きなものが増えて聴き直したときはガツンときました。ライヴだとこれまたかっこよかった。
バンドセットのSmooth Aceが観れたのにも大満足。
観たいものを観たいときに観るっていうのは本当に大事。
行ってよかった。

 

9月28日(木)

夜中にモーニング娘。の「そうだ! We’re ALIVE」を聞いてびっくり。
ファンキー。
ダンス☆マンとは何者なんだろう。

9月29日(金)

竜が11月のワンマンでやる新曲をどうしようかと悩んでる横で納豆ご飯を食べる。
あのスカートの中を覗こうとする歌が好きだよと言ったら、なんでその部分しか覚えていないんだと言われた。
帰り道、いつもお酒を飲んでいるところで時々会うおじさんが今日で今の仕事を辞めるということでここには来なくなるそう。
自分でもびっくりなんですが、意外と意外と寂しいものですね。
半袖ではもう寒い季節になりました。

hayato-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+