牧野君からお前もブログを書いてくれと言われ明日の朝までに書くと言いながら1ヶ月も経っちゃった。
1ヶ月前に書いたものなので日付がこれになってますの。
その日あった事や、感想や、好きなことを気ままに書いていこうと思います。

 

9月23日(土)

ミックスナッツハウスとの2マンライヴ「対決バーサスvol.1」でした。
ご来場して頂いた皆様ありがとうございました。
楽しんでもらえたのかしら。今できることを精一杯汗だくでやりましたよ。
ミックスナッツハウスのアーノルドの合唱のとき、歌詞を間違えて歌ってる人(僕)を訂正するプリンス王子のあのお姿が優しく魅力的でした。
次回は一緒に演奏もしたいですね。楽しい夜でした。

 

9月24日(日)

上野へ。
上野公園に入ると遠くのほうにきれいな感じの人が地べたに足を伸ばして座っていて、何をしているのかしらんと近づいていみたら女装をしたおじいさんでした。
Sundayカミデさんのワンマンステージ「ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~」を観ました。
2時間たっぷり聴かせ笑わせのステージ。ナイツ漫才ファンの僕は塙さんを生で見れたのも嬉しかった。
弾き語りってその演奏してる人が出るから僕はとっても好き。
UJさんのサックスとの演奏も聞き入ってしまいました。かっこよかった。
終演後、空中のワンマンのビラ配りをしているとワイキキのイベントによく来て下さっている方もいたり、この前のクラブキューでの演奏をみたよと声をかけてくれる方もいたり、僕は空中カメラに入ってから色々な人に出会わせてもらってるんだなぁとしみじみ。

 

9月25日(月)

学生時代の友人と久しぶりに会う。
空中ラジオを何回目かまで聞いたがお前の発言が鼻について聞かなくなったと言われた。ねちっこく。
良くも悪くも性格が似ていると思った。

 

9月26日(火)

空中ラジオの日。ラジオ番長の牧野不在だったが途中で来る。牧野のが来ると話がとっちらかると田中に言われていた。
寒川がVRゴーグルを持ってきていて、僕はyoutubeで色っぽい動画を鑑賞。
想像以上に良い。

 

9月27日(水)

高崎音楽祭「野宮真貴、渋谷系を歌う。-featuring with Smooth Ace-」を観に高崎へ。
野宮真貴さんとSmooth Aceが歌う「これから逢いに行くよ。」は見事なはまりっぷり。
中学生の時、初めてこの曲を聴いたときは全然Smooth Aceっぽくないなぁと思ってたんですよ。でも時間が経って僕にも好きなものが増えて聴き直したときはガツンときました。ライヴだとこれまたかっこよかった。
バンドセットのSmooth Aceが観れたのにも大満足。
観たいものを観たいときに観るっていうのは本当に大事。
行ってよかった。

 

9月28日(木)

夜中にモーニング娘。の「そうだ! We’re ALIVE」を聞いてびっくり。
ファンキー。
ダンス☆マンとは何者なんだろう。

9月29日(金)

竜が11月のワンマンでやる新曲をどうしようかと悩んでる横で納豆ご飯を食べる。
あのスカートの中を覗こうとする歌が好きだよと言ったら、なんでその部分しか覚えていないんだと言われた。
帰り道、いつもお酒を飲んでいるところで時々会うおじさんが今日で今の仕事を辞めるということでここには来なくなるそう。
自分でもびっくりなんですが、意外と意外と寂しいものですね。
半袖ではもう寒い季節になりました。

hayato-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+

違うんですよ。

すいません。否定から会話に入るのはモテない男、もしくは関西人である事は重々承知なんですが、本当は現在公開中の映画「スパイダーマン/ホームカミング」のレビューをやる予定でした。だったんですが・・・。

1503154797349

文章量が卒論みたいになってしまい、バンドのブログで公開するのが憚られた(重すぎて気持ち悪い)ため、またの機会とさせてください。

思い入れがケタ違いな映画は置いといて、最近見た中でじんと来た作品を今日はご紹介します。

ジェフ・ニコルズ監督作品「ミッドナイト・スペシャル」です。

ミッドナイト・スペシャル

2016年(アメリカ)
監督:ジェフ・ニコルズ
主演:マイケル・シャノン

「ラビング 愛という名前のふたり」「MUD マッド」のジェフ・ニコルズが監督・脚本を手がけ、不思議な力を持つ少年とその父親が繰り広げる逃避行を描いたSFスリラー。特殊能力に目覚め、カルト教団や政府から追われる身となった少年アルトン。父ロイは親友ルーカスやアルトンの母サラと協力して追手から逃れながら、アルトンをある目的地へ連れて行くため奔走する。ニコルズ監督作の常連俳優であるマイケル・シャノンが父親役を務め、共演にも「ブラック・スキャンダル」のジョエル・エドガートン、「スパイダーマン」シリーズのキルステン・ダンスト、「スターウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバーら豪華キャストが揃う。

あらすじ引用:映画.com

「テイク・シェルター」や「MUD」等をすっとばして、初めてジェフ・ニコルズ監督の作品を見ました。数年前に牧野に「男なら、MUDを見るべき」としつこく言われたため、「るせーな、見たよッ!」と嘘をついた思い出しかありません。牧野ごめん。これから見ます。なぜなら「ミッドナイト・スペシャル」がアツい映画だったから。

ジャンルはSFに間違いないのですが、いわゆるSFらしい、ハデな超能力アクションや宇宙船のチェイス等は全くありません。主軸はあくまで親と子の話であり、もっと言うと「親」という生き物の話だったと思います。子供のために何をどこまで犠牲にするのか? 犠牲の結果は、本当に望んだものなのか?

この映画の大きな特徴とも言えるでしょうが、観客が得られるのは常に最低限の情報。余計な演出とセリフは一切ナシ!その代わり全シーンに意味があります。ぼんやり観てると「??」ってなるかもしれないので、集中して観よう!

大筋は「カルト団体から、謎の能力を持つ子供と逃げる父親。カルトと、なぜか政府の機関が親子を追いつめていく」といったシンプルかつ謎めいたものです。
ストーリー中の謎は多いんですが、「これこれこういう事が起きて、今こういう状況です」という説明は前述の通りほぼ無いので、登場人物の会話や細かな演出から読み解いていく必要があります。でもほとんどの謎はちゃんと観てると推察する事ができるという。
緻密な脚本だと思いますし、ラストシーンで起きる現象/表情がストーリーのすべてを清算する構造も驚異的です。ラストシーンのお陰である人物の正体と背景がぼんやり分かるので、2回目に観る時は少し違う印象の映画になりますよ。

ネタバレをしたくないのでフワッとした紹介しかできませんが、とにかく夏の終わりにオススメの静かで力強いSF映画です。伝わると良いな!

もっとハデなものが観たいなら僕と一緒に「スパイダーマン/ホームカミング」を観に行きましょう。1万字分くらいしゃべりますよ。

 

【ライブお知らせ】

2017年9月7日(木)東京・下北沢CLUB QUE
〈ワイキキ 日本 世田谷 レコード〉
共演:PARIS on the City!/ジャパニーズCLUB

2017年9月23日(土)東京・下北沢440
〈対決バーサスvol.1〉
共演:ミックスナッツハウス ※ツーマン公演

2017年11月19日(日)東京・六本木VARIT.

空中カメラワンマンライブ
場所:六本木VARIT.
出演:空中カメラ ワンマン!
開場/開演:17:30/18:00
料金:前売り ¥3,000 当日 \3,500円(いずれも1D要)
予約特典あり。

各予約はこちらから!TwitterのリプライやDMからも受け付けてます!

sangawa-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+

いよいよ「ドクター・ストレンジ」が公開されましたね!

今回はまずネタバレにならない範囲で「ここが良かった!」というポイントをピックアップし、その後ネタバレ含んだマニア話をちょっとします。いいね?

ドクター・ストレンジ

2016年(アメリカ)
監督:スコット・デリクソン
主演:ベネディクト・カンバーバッチ

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

あらすじ引用:シネマトゥデイ

初見に優しい
近年のマーベル映画はシェア・ワールド方式(一個一個の映画は独立した映画だけど、世界観を共有している)を採用しているのですが、同じマーベルヒーローでもキャラクターごとに版権を持ってる映画会社が別だったりするので、若干ややこしくなりつつあります。
「ドクター・ストレンジ」は、主に「アベンジャーズ」シリーズ(アイアンマンとかハルクとか)を中心とする”ディズニー/マーベル社”の作品です。
しかし、本作では新概念「魔術」をブチ出してきたため、今までの流れとほぼ関係なく楽しむ事ができるのだ!
戦闘が脳にくる
魔術を使った戦闘ってハリー・ポッターの杖から光線出すやつ思い浮かべてしまいますが、また趣が違います。

異次元のシーンでは幾何学模様やフラクタル立体が展開しては収縮し、戦闘ともなれば都市まるごとグリュングリュン動かして、相手を挟み殺したりするのです。最高。ずっと観てたい。

ベネディクト・カンバーバッチ
本作の主役を演じるベネディクト・カンバーバッチ。
高慢ちきに振る舞ったり、理不尽にキレたり泣いたりする役がメチャ似合うことで僕の中でお馴染みです。
以下に一部貼りますので、お暇な方はカンバーバッチの魅力をご覧下さい。
「SHERLOCK」での高慢サイコぶり(唯一の友達・ジョンが結婚した際、「ジョンの嫁のTwitterをフォローしてるから」という理由で嫁の元カレに「君の行動は全部知ってるんだ」と勝手に釘を刺すシーン)

「ハムレット」での”理不尽ギレ”、「尼寺へ行け!」

「二人」でのストーリー知らなくても感情が伝わる”泣き”

さて、本作の主人公は「高慢で調子こきの天才外科医だったが、事故で手が動かなくなってキレたり泣いたりしたあと、最終的に魔術師になってしまった奴」なので、ピッタンコカンカンという訳ですね。カンバーバッチファンは当然観た方がいいぞ。
他にもテーマソングのプログレ感が格好よろしい(原作のコミックスはピンク・フロイドとバッチリ繋がりがあったりする)点や、強大すぎる悪役に対してハメ技を決めまくったりとか、見所満載でテンションがギュンと上がりました。
上映時間の関係でストーリーが若干駆け足な点は否めないけど、続編もあるし、壮大なドラマの第一話という感じでも楽しめると思います。オススメよ!
ちなみに、ネタバレマニア話は下から開けます。観賞後、しかもマーベルムービーが好きな人は気が向いたら読もう!ではまた。
クリックかタップで開くよ

観た? ・・・・よし。

僕が観賞前後で考えた事や調べておいた事をちょっとだけ書いときます。興味がある方の一助になるとGOODです。

マーベル映画の時系列ではいつの話?

ストレンジ、優秀な脳外科医として活躍

「アイアンマン2」周辺でストレンジが事故に合い、手が動かなくなる。作中年代で2011年頃。

手の治療に1〜2年を費やしてパーマーに呆れられる。
「アベンジャーズ」におけるNY決戦など色々世間ではあったけど、ストレンジは手に夢中でこれを無視。

魔術師の修行、ドゥーマムゥとの対決。さらに本編後にも腕を磨いて活躍したと思われる。

2013年、「ソー/ダーク・ワールド」でロキがオーディンをどっかに追放。

テロ組織ヒドラがストレンジの存在に気づく。
2014年「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」にて、暗殺しようとするが失敗。
ストレンジはキャップに足向けて寝るなよ!

2015年、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」。ストレンジにとっては関係ないので無視。

2016年、「シビル・ウォー」の開戦と終戦。毎年色々起きすぎだろ。
そしてストレンジはこれを無視。
恐らくこの辺でソーが父親不在に気づく。

NYでホームレス生活してるらしいオーディンを探してソーとロキが地球へやってくる。
ストレンジとソーの面談開始。

こんな感じと思われます。ヒーロー集合イベントをとにかく全部シカトしたという結論が出たな。

「アガモットの眼」の中に入ってたのがインフィニティ・ストーン?

映画マーベル世界には”色んな事ができるスゴ〜い石”、インフィニティ・ストーンが6つ存在し、本作に登場した「タイム・ストーン」で5つめ。
今までもストーンいくつか出てきたけど、効力が段違いで怖かったね。

ドゥーマムゥは「アガモットの眼」を壊せばループ抜けれたんじゃないの?

ひとつは、アガモットの眼、すなわちインフィニティ・ストーンの方がドゥーマムゥの力を単純に上回ってる説。ストーン、ほぼ無敵だから・・。
もしくは、術者が死んだとしても、いくつかの魔術は効力を失わない可能性があります。少なくとも空間移動の魔術はストレンジが心肺停止しても持続してたし。

エンシェント・ワン死んじゃったし、モルドも居なくなって地球大ピンチでは

結局ストレンジがどれくらいソーサラー・スプリームに近づいてるか、という事だと思います。
対ドゥーマムゥの無限ループでただ殺されるだけじゃなくて抵抗してたところ見るに、あれレベル上げな気がしてなりません。
カエキリウス共を追放+ドゥーマムゥ追い返し+ついでにハイレベルな修行 の一石三鳥という訳ですね。
上がった実力と手持ちのストーンで大体のことは大丈夫ではないでしょうか。

サノスどうすんの

地球はサノスという紫色のゴリラに狙われており、今後このゴリラが全部のインフィニティ・ストーンを手に入れる事が確定しています。


2018年公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の先行カット。もう全部手に入れてるやんけ!

タイム・ストーンまで取られてますがマジでどうするんでしょうか。楽しみだね。

よし、この辺にしましょう!いつも以上にマニア趣味丸出しの記事だったけど、田中に怒られないといいな・・・。
じゃあまたね。

▼告知▼

お待たせ!空中カメラのワンマンライブがパワーアップして帰ってきたでよ!!

2017.03.25 sat Shibuya 7th FLOOR “フール・オン・ザ・昼Vol,2”
open 12:30 / start 13:00
add:2,500 / day:3,000 (+1drink 500yen)
出演:空中カメラ

・予約者先着プレゼントあり!HURRY UP!
・空中カメラのニューアルバムを先行発売!!
・AND MORE!!!(まだ決めてない)

詳しい情報はこちら→http://kuchucamera.com/drkidslife/

イープラスからも予約できますhttp://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002213681P0050001P006001P0030001

待ってるよ!ASSEMBLE!

TwitterFacebookTumblrGoogle+