いよいよ「ドクター・ストレンジ」が公開されましたね!

今回はまずネタバレにならない範囲で「ここが良かった!」というポイントをピックアップし、その後ネタバレ含んだマニア話をちょっとします。いいね?

ドクター・ストレンジ

2016年(アメリカ)
監督:スコット・デリクソン
主演:ベネディクト・カンバーバッチ

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

あらすじ引用:シネマトゥデイ

初見に優しい
近年のマーベル映画はシェア・ワールド方式(一個一個の映画は独立した映画だけど、世界観を共有している)を採用しているのですが、同じマーベルヒーローでもキャラクターごとに版権を持ってる映画会社が別だったりするので、若干ややこしくなりつつあります。
「ドクター・ストレンジ」は、主に「アベンジャーズ」シリーズ(アイアンマンとかハルクとか)を中心とする”ディズニー/マーベル社”の作品です。
しかし、本作では新概念「魔術」をブチ出してきたため、今までの流れとほぼ関係なく楽しむ事ができるのだ!
戦闘が脳にくる
魔術を使った戦闘ってハリー・ポッターの杖から光線出すやつ思い浮かべてしまいますが、また趣が違います。

異次元のシーンでは幾何学模様やフラクタル立体が展開しては収縮し、戦闘ともなれば都市まるごとグリュングリュン動かして、相手を挟み殺したりするのです。最高。ずっと観てたい。

ベネディクト・カンバーバッチ
本作の主役を演じるベネディクト・カンバーバッチ。
高慢ちきに振る舞ったり、理不尽にキレたり泣いたりする役がメチャ似合うことで僕の中でお馴染みです。
以下に一部貼りますので、お暇な方はカンバーバッチの魅力をご覧下さい。
「SHERLOCK」での高慢サイコぶり(唯一の友達・ジョンが結婚した際、「ジョンの嫁のTwitterをフォローしてるから」という理由で嫁の元カレに「君の行動は全部知ってるんだ」と勝手に釘を刺すシーン)

「ハムレット」での”理不尽ギレ”、「尼寺へ行け!」

「二人」でのストーリー知らなくても感情が伝わる”泣き”

さて、本作の主人公は「高慢で調子こきの天才外科医だったが、事故で手が動かなくなってキレたり泣いたりしたあと、最終的に魔術師になってしまった奴」なので、ピッタンコカンカンという訳ですね。カンバーバッチファンは当然観た方がいいぞ。
他にもテーマソングのプログレ感が格好よろしい(原作のコミックスはピンク・フロイドとバッチリ繋がりがあったりする)点や、強大すぎる悪役に対してハメ技を決めまくったりとか、見所満載でテンションがギュンと上がりました。
上映時間の関係でストーリーが若干駆け足な点は否めないけど、続編もあるし、壮大なドラマの第一話という感じでも楽しめると思います。オススメよ!
ちなみに、ネタバレマニア話は下から開けます。観賞後、しかもマーベルムービーが好きな人は気が向いたら読もう!ではまた。
クリックかタップで開くよ

観た? ・・・・よし。

僕が観賞前後で考えた事や調べておいた事をちょっとだけ書いときます。興味がある方の一助になるとGOODです。

マーベル映画の時系列ではいつの話?

ストレンジ、優秀な脳外科医として活躍

「アイアンマン2」周辺でストレンジが事故に合い、手が動かなくなる。作中年代で2011年頃。

手の治療に1〜2年を費やしてパーマーに呆れられる。
「アベンジャーズ」におけるNY決戦など色々世間ではあったけど、ストレンジは手に夢中でこれを無視。

魔術師の修行、ドゥーマムゥとの対決。さらに本編後にも腕を磨いて活躍したと思われる。

2013年、「ソー/ダーク・ワールド」でロキがオーディンをどっかに追放。

テロ組織ヒドラがストレンジの存在に気づく。
2014年「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」にて、暗殺しようとするが失敗。
ストレンジはキャップに足向けて寝るなよ!

2015年、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」。ストレンジにとっては関係ないので無視。

2016年、「シビル・ウォー」の開戦と終戦。毎年色々起きすぎだろ。
そしてストレンジはこれを無視。
恐らくこの辺でソーが父親不在に気づく。

NYでホームレス生活してるらしいオーディンを探してソーとロキが地球へやってくる。
ストレンジとソーの面談開始。

こんな感じと思われます。ヒーロー集合イベントをとにかく全部シカトしたという結論が出たな。

「アガモットの眼」の中に入ってたのがインフィニティ・ストーン?

映画マーベル世界には”色んな事ができるスゴ〜い石”、インフィニティ・ストーンが6つ存在し、本作に登場した「タイム・ストーン」で5つめ。
今までもストーンいくつか出てきたけど、効力が段違いで怖かったね。

ドゥーマムゥは「アガモットの眼」を壊せばループ抜けれたんじゃないの?

ひとつは、アガモットの眼、すなわちインフィニティ・ストーンの方がドゥーマムゥの力を単純に上回ってる説。ストーン、ほぼ無敵だから・・。
もしくは、術者が死んだとしても、いくつかの魔術は効力を失わない可能性があります。少なくとも空間移動の魔術はストレンジが心肺停止しても持続してたし。

エンシェント・ワン死んじゃったし、モルドも居なくなって地球大ピンチでは

結局ストレンジがどれくらいソーサラー・スプリームに近づいてるか、という事だと思います。
対ドゥーマムゥの無限ループでただ殺されるだけじゃなくて抵抗してたところ見るに、あれレベル上げな気がしてなりません。
カエキリウス共を追放+ドゥーマムゥ追い返し+ついでにハイレベルな修行 の一石三鳥という訳ですね。
上がった実力と手持ちのストーンで大体のことは大丈夫ではないでしょうか。

サノスどうすんの

地球はサノスという紫色のゴリラに狙われており、今後このゴリラが全部のインフィニティ・ストーンを手に入れる事が確定しています。


2018年公開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の先行カット。もう全部手に入れてるやんけ!

タイム・ストーンまで取られてますがマジでどうするんでしょうか。楽しみだね。

よし、この辺にしましょう!いつも以上にマニア趣味丸出しの記事だったけど、田中に怒られないといいな・・・。
じゃあまたね。

▼告知▼

お待たせ!空中カメラのワンマンライブがパワーアップして帰ってきたでよ!!

2017.03.25 sat Shibuya 7th FLOOR “フール・オン・ザ・昼Vol,2”
open 12:30 / start 13:00
add:2,500 / day:3,000 (+1drink 500yen)
出演:空中カメラ

・予約者先着プレゼントあり!HURRY UP!
・空中カメラのニューアルバムを先行発売!!
・AND MORE!!!(まだ決めてない)

詳しい情報はこちら→http://kuchucamera.com/drkidslife/

イープラスからも予約できますhttp://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002213681P0050001P006001P0030001

待ってるよ!ASSEMBLE!

TwitterFacebookTumblrGoogle+

こんにちは。
アルバム出したり  ワンマンあったりするから正月休暇ほぼ無かったけど、映画を観る時間はありました。寒川響です。
今日は「疑惑のチャンピオン」という映画の話をしますが、今回は途中でキツくなったら別の楽しい映画の話を始めます。いいね?

疑惑のチャンピオン

2015年(イギリス/フランス)
監督:スティーヴン・フリアーズ
主演:ベン・フォスター

20代にガンを患いながらも克服した自転車ロードレース選手ランス・アームストロング(ベン・フォスター)は、1999年から2005年に「ツール・ド・フランス」7連覇を達成する。ガン患者を支援する社会活動にも奔走し、世界中から尊敬される英雄だった。一方、記録のために手段を選ばない勝利への執着はすさまじく、ある記者が彼にまとわりつく薬物使用疑惑をリサーチしており……。

あらすじ引用:シネマトゥデイ

あらすじを読めば、普通の社会派サスペンスです。スポーツ選手のドーピング問題って去年もかなり話題になりましたよね。
ただ、これフィクションの話じゃなくて、実際起きた長い長い事件の話です。全員実在、全員実名、現在進行形のドーピング問題のお話です。
これだけならよくある映画ですよね。問題は、僕がこの映画の中心人物、ランス・アームストロングのファンであるという事です。オゲゲゲー。

ランス・アームストロングという人はアメリカ/ヨーロッパではべらぼうに有名で、そのため「疑惑のチャンピオン」内では「こういう経歴の人ですよ」という人物紹介はゴッソリ省かれています。
要はいきなり見てもよく分からない、というか、いきなり見たらただの最悪なおじさんなので、軽く紹介します。
本人の紹介の前に、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」について。
ざっくり言うと、3週間かけてヤベー距離をスゲー頑張って走って盛り上がる自転車レースです。

一日毎にステージがあり、平坦な道を数百キロ走るコース、過酷な山岳コース、短い距離で速さを競うスプリントコースなど、バラエティ豊か。別の言い方をすると“地獄”です。
この全21ステージを完走するためには、正直人間越えたバケモノにならないと無理。

このレースの総合優勝選手は、各ステージの合計タイムで決まります。乱暴な言い方ですが、平坦も山岳もスプリントも全部速い、バケモノの中のバケモノが勝ちます。
文句無しに世界一の選手であり、ただし年齢やコンディションが繊細に関係する競技なので、基本的に何度も勝つ事はできません。
でもそれを7連覇した選手がいたんだね!それがランス・アームストロングって訳よ!

8114505737_f3f0d447a5_z
ランス・アームストロング。よろチクビをしている訳ではありません。

ランスはそもそもスプリントに強いパワー型の選手だったんですが、若くして癌に侵されてしまい、あわや選手生命も終わりかと思われました。
しかし病床から奇跡のカムバック、後に出場したツール・ド・フランスで圧倒的な走りを見せてまさかの総合優勝を果たします。
癌とツール、どっちもやっつけた若者、しかもアメリカ人(自転車の大会で好成績を残すのはほぼヨーロッパ人)という事で一躍ヒーローになり、その後も優勝をかさね遂には7連覇の偉業を成し遂げたのです。
その裏で実際なにが起きていたかは、まあ映画を観てもらえれば丸わかりなんですが、映像にされるとファンとしてはショックだなと痛感しました。最悪。
ただ、この映画はさすがに「事実」のみを描きすぎていて、ランスの人間性にあんまり踏み込んではいないという点を読者諸兄には留意していただきたい。
「どんなバックボーンがあったのか?」「なぜこんなに勝ちにこだわったのか?」というような部分は描かれないため、ひたすらに卑劣な人間に見えてしまうのです。
いや実際卑劣なのかもしれないけど、というか事実ドーピングも他選手への態度も卑劣そのものだけども、やっぱりその、人物像を掘り下げることで見え方は変わってくる訳で、えー・・・。
キツいわバカ!!!!!!!!
やめだ!!!!!!!!!!
「ファインディング・ドリー」の話しましょう。最高よ。楽しいし泣けるしさ。
海って綺麗。人間は汚い。

おわり

sangawa-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+

こんにちは、空中カメラの寒川響です。あいさつは終わりです、スター・ウォーズの話が臆面もなくできる季節になりましたね!最高!

僕は幼少期からスター・ウォーズを親に見せられまくり、どの家庭でも当然そうであると思って育ってきました。しかし、スマホでスター・ウォーズのゲームをするくせに「映画は一回も観た事はない」とのたまった牧野くんにより、僕の価値観は瓦解したのです。去年のことです。

その夜、動かなくなった牧野くんを土に埋めながら、僕は誓いました。こんな悲劇を繰り返してはならないと。

すなわち、「ローグワン」公開前にスター・ウォーズの基本をちょっとだけおさらいしましょう!しないと、僕は何をするかわかりませんよ!

スター・ウォーズってどんな話?

未見の方の為に多くは言えませんが、大河ドラマのSF版だと思ってください。
ここでは語れ得ないくらい要素が多く、世界観がデカいにも関わらず、ほとんどの人類が理解可能なテーマにすべては収束します。軽い気持ちで楽しみましょう。

スター・ウォーズってどの順番から観れば良いの?

絶対にエピソード4からです。エピソード1から観るのはオススメしません。
なんでだよ、と思うでしょうが説明しましょう!

当然、物語の時系列はエピソード1から順番に進みます。
しかし、映画が作られた順番はEP4→EP5→EP6(旧三部作)、数十年後にEP1→EP2→EP3(新三部作)、さらに数年後EP7、という風にバラバラです。以下の表をご覧下さい。

swtimeline

EP4公開当時の1977年・・・え?変な生き物のマークが気になる?

失礼、これは「ジャー・ジャー・ビンクス登場マーク」です。名キャラ  ジャー・ジャー・ビンクスが登場する作品につけておく、僕が考えた封印です。「ジャー・ジャー・ビンクスを一瞬も見たくない」という方向けに必要なものなのです。一定数マジで存在する層です。

えーと、なんでしたっけ。そうそう、制作者のジョージ・ルーカスが構想した全てを実現するのは、1977年の技術的には不可能でした。
そのため、多部作構想はあったけど、「スターウォーズ」はとりあえず単発の映画として公開されたのです。当時のタイトルもただの「スターウォーズ」。エピソードのナンバリングも副題もありませんでした。

初作が大ヒットしたため、続編として「スターウォーズ  帝国の逆襲」「スターウォーズ  ジェダイの復讐」が作られ、ひとまず三部作として完成したのでした。これらが正式にEP4〜6と呼ばれ始めたのは1999年にEP1が公開された後の話です。

何が言いたいかというと、旧三部作は完結させるつもりで作られた作品であるがゆえ、その過去を描く新三部作を先に観てしまうとネタバレを喰らっているに等しいのです!あの人の正体とか、あの人の秘密とか、旧三部作で演出上大事になってる部分が丸わかりだからです。
旧三部作を観た後、「おお、このキャラにはこんな過去が・・・」と新三部作を観るのがオツな楽しみ方と言えましょう。ズバリそうでしょう。

そしてEP7はそれらを全部消化してから観ると感激もひとしおです。が、実はなんとなくスターウォーズのお話を知っている程度でも楽しめます。すごい作品です、あれは。

今度公開される「ローグワン」がエピソード8なの?

いいえ、違います。旧三部作が本編、新三部作が前日潭、続三部作(EP7〜9)が続編であるならば、「ローグワン」は外伝です。
時系列的にはEP4の直前、さっきの図で言うとここです。

swtlrogue

「ビンクス・マーク」は出るか出ないか分からないので「?」です。これぞギャンブルですね。

敵軍から兵器の設計図を盗み出そうとする部隊の物語。おそらく今までのどのスター・ウォーズ作品より、ぶっちぎりでSF戦争映画になっているはずです。

本作の監督 ギャレス・エドワーズは軍マニアであり、うってつけの人財であったと思います。低予算ながらも非常に秀逸な処女作「モンスターズ」が目を引き、2014年にはいきなり大作「ゴジラ」を任されヒットしました。

「ゴジラ」にはいくつか妙にカッコいいシーケンスがあり、その一部がこれです。

めっっっちゃカッコいい・・・・・。
そう、ゴジラや他の怪獣が暴れてるところより、米軍がなんかやってるシーンの方が圧倒的にカッコいい。「ローグワン」は基本的にずっと「軍がなんかやってるシーン」ばっかりだと思うので、ギャレスが監督するのは最高なんです。

エピソード4直前ってことは、エピソード4をおさらいしとけばOKなの?

してもしなくてもいいです。

じゃあこの記事はなんなんだ、という事になるんですが、マジでどっちでもいいです。
なぜなら既に観ている人も、初見の人も楽しめるように出来ているはずだからです。

エピソード4を観ていれば「なるほどここに繋がるのか〜〜!」と思えますし、観てなければ、映画館の帰りにTSUTAYAに寄れば一瞬で続きが観れてお得です。

外伝が初めてのスターウォーズ、そんな導入も悪くないじゃないですか。僕もジョジョは5部から入ったクチですよ。

 

さて、ちょっとは助けになったでしょうか?なってない気もしますが、「ローグワン」を観た後にスターウォーズの本編が気になってくれると僕は嬉しいです。

それでは、中村竜もスターウォーズ観てないらしいんで、この辺で。最近のチェーンソーって持ち運びしやすくて助かります!

 

sangawa-pc

TwitterFacebookTumblrGoogle+